探偵が依頼もないのに浮気調査をしたら法的に罰せられるのか

探偵は、原則として法律によって調査の権限を与えられているため依頼があったときには合法的な手段によって相手を調べることが出来る権限を有しています。そのため、普通に調査をする限りでは絶対に罰せられることはありません。

浮気調査 依頼

では、探偵が依頼もないにも関わらず浮気調査をしたときには法的にそのような行為は許されるのでしょうか。

これは、それぞれの状況によって異なると言えます。

仮に、本当に何の依頼もなく一般的な私人の立場として調査をしたのならば法律に触れることがあります。

しかし、実際に行った浮気調査が別の相談によってやむなく必要な調査だった場合にはこの範囲ではありません。

探偵に対する相談は、何も浮気調査だけではなく単純な素行調査も存在します。

特定の人間の全ての素行を調査する段階で浮気をしているかどうかを調べることはたとえその相談がなくても絶対に罰せられることはありません。

そのため、状況によってきちんと精査しなくてはいけないのです。

不倫は文化ではないけど、離婚は多い!

探偵にしてもらうことというのはそのたびに異なりますから、どんな場合でも変わらない料金にしてしまうと、取り扱うことは困難になります。このことに加えて、探偵社ごとの基準もあるので、ますます確認しづらくなっております。
今、配偶者の行動で「まさか浮気?」と悩んでいるのなら、すぐにでも浮気の証拠となるものを集めて、「不安が的中しているのか!?」明確にするべきです。一人で抱え込んでいても、何も解決することはできっこないんです。
先方に慰謝料請求を行うタイミングというのは、不倫していることが露見した際や離婚以外はない、と決断したとき以外にもあります。一例をご紹介すると、約束の慰謝料にもかかわらず離婚後になって払おうとしないなんて事態も起きているのです。
問題解消のために弁護士が不倫を原因としている場合に、ひときわ大事であると考えていることというのは、日数をかけずに処理すると断定できます。請求側でも被請求側でも、素早い処理をするのが当たり前なのです。
でたらめに料金の安さだけしか考えずに、依頼する探偵事務所を決めていると、考えていたような調査をできたとは言えない状況で、意味のない調査料金だけは支払わなくちゃいけなくなるなどといった事態だって起きる可能性はあるのです。

不倫調査の報告書をどのように活用するのか

不倫調査 報告書

不倫調査を依頼する方のほとんどは離婚を考えているか、慰謝料の料金の金額を考えています。

その場合報告書や写真などの物的証拠も活用する事ができます。
離婚条件をしっかり把握している人は当たり前ですね。

直接コンタクトをとることはありませんので、安心して任せる事ができます。
離婚の条件

不倫調査は一瞬の見逃した見過ごしが命取りになってしまいます。どこまで相手との距離を置くか、近づけるかは、プロが臨機応変に行う事ができます。

料金も安いところから高額な場合もあります。

簡単に考えると、期間が長くなればなるほど、料金もおのずと上がってくるシステムです。

人数も最低二人体制の交代制なので、仮眠を取り合う事で決定的瞬間を見逃しません。

報告書も行動を事細かに記載するので、離婚調停時も有利に動く事ができます。

こちら側には一切の不利な条件がないように、こちら側に有益な情報を揃えて離婚問題を綺麗に解決しましょう。

少しでも疑惑があるなら、見積もりを依頼してすぐにでも調査を開始することで前に進めます。

離婚の条件をしっかり把握するなら
離婚の条件@夫の浮気、計画的じゃないと離婚はできない

離婚裁判での浮気の証拠を紹介

依頼する、しない、どっちが正解?何円くらいの費用かかるのかな?調査はだいたい何日間?せっかく不倫調査の依頼をしたとしても、はっきりしなかったらどうなってしまうの?それぞれ迷いがあるのは自然なことなんです。

不信感がなくなるように、「夫や妻が不倫・浮気中なのかそうじゃないのかについてはっきりさせたい」こんな心境の方々が不倫調査を申込んでいるというわけです。だけど不安感が解消不可能な結果になることも相当あるのです。

調査の際の調査料金は、依頼する探偵社によって高額なものから安価なものまでいろいろあるのです。それでも、料金だけの基準では優秀な探偵なのか違うのかということについては不明です。あちこち聞いてみるのも非常に大切ではないでしょうか。

夫婦だけではなく、子供がいる家庭の場合、仮に離婚して親権に関しては夫が獲得したいのであれば、現在まで母親、つまり妻が「浮気や不倫が原因となって子供の面倒を見ないでほったらかしにしている」などについての状況がわかるハッキリとした証拠が必須です。

浮気の相手に慰謝料を求めるのであれば必須となっている条件を満たしていないとなれば、相手からの慰謝料がほんのわずかな額になるケースや、もっと言えば配偶者の浮気相手に対して請求そのものができないという場合だって発生しているのです。

裁判所等、法的機関の場合、客観的な証拠や第三者から得られた証言や情報が十分な状態でないと、浮気があったとは認めません。離婚調停・離婚裁判は予想外に難しく、適当な事情や状況を示すことができなければ、認めてもらうことができないのです。

仮に配偶者がした不倫を見つけて、「何があっても離婚する」と決断しても、「配偶者の顔も見たくない。」「会話するもの嫌だ。」ということで、話し合うことなく自分だけの判断で離婚届を出すなんて言うのは絶対にいけません。

当事者による浮気調査の場合、調査に使うお金の減額ができるでしょうけれど、肝心の調査が低レベルであるため、はっきり言って感付かれてしまうなんて不安が大きくなります。

私たちでは難しい、優秀な有利な証拠だって入手することができるわけですから、何が何でも成功したいのなら、探偵とか興信所等に浮気調査を任せる方がいいのではないでしょうか。

素行調査というのは、ターゲットの言動などをある程度の期間見張って、普段の行いや言動といった点を事細かに調査することが目当てで行われる調査です。たくさんの事実をさらけ出すことになります。

探偵に浮気の実態をお願いする人が増えているようです

裁判や調停で離婚をしていなくたって、相手の目を盗んで浮気とか不倫があれば、慰謝料の支払い要求可能です。ただし、離婚することになったらやはり慰謝料が高額になりやすいのは本当です。

特に難しい浮気調査や素行調査をする際は、一瞬の決断をすることで好結果につながり、取り返しがつかない最悪の状況を防ぐのです。近しい関係の人の調査をするわけですから、綿密な計画による調査でなければなりません。

自分のパートナーと浮気した相手に対する苦痛を味わわされたとして慰謝料の請求することにする方が急増中です。特に妻が浮気されたケースでは、夫が不倫関係にあった女に「どんなことがあっても請求するべき!」という状況になっているのです。

できるだけスピーディーに請求した慰謝料等を受け取って、請求者の心に区切りをつけさせてあげることが、不倫問題解決の依頼を受けた弁護士の肝心な手続きの一つです。

各種調査をお願いするのであれば、細かな料金に関心があると思いますが、探偵や興信所の調査に必要な料金のはっきりした金額は、状況に合わせて試算していただかない限り確認はむずかしいものなのです。